2018年1月14日日曜日

先日1月8日に男の子が誕生しました。
母子ともによく頑張った、ありがとう。
今日はお七夜、渡辺満天(まんてん)と命名。
君の揺りかごはスティールパン。
全てが初めての出会い。
これからすくすくと育って行こう。

My wife’s had a baby on January 8th 2018.
Both mother and baby are well.
My son was named Manten(Manten means ''the whole sky'')
Steel pan is your cradle.
Everything is a first encounter, let's be growing up together.

2018年1月6日土曜日

明日は七草、夜のうちに大きな土鍋にお粥の仕込をすませた。
料理をするのが好きだから、家にいるときは進んで台所に立っている。
実家や出先などで食材を頂く機会が多く、できるだけ綺麗さっぱり使い切れるように考えてる時間が好きだ。
いつも有り難く頂かせてもらってる。

先日3日は友人達と群馬県大泉町へ買い出しに出かけた。
ブラジルから出稼ぎに来てる人達、そして日系人達が多く住み、この町にはブラジルの食材や調味料などが揃っている。
大泉へ行くことは正月の恒例行事となっている。
今回は牛ステーキ肉を購入、帰った次の日にはたっぷりのニンニクとバターで良い味付けを施し、ペロリとお腹の中へ。
これも自分にとっての正月の醍醐味。

もう少し前の話題だと、年末には実家でお正月用の煮物、そして油揚げで作る福袋の手伝い。
祖母が作った味を母が受け継いでいる。
大雑把に作る祖母の調理法を、亡くなる数年前にメモしておいて良かった。
自分に馴染みある味が今も残っている。

明日は七草粥にお餅を入れよう、食べて健康を願う。

2018年1月4日木曜日

演奏始めは、映画『スティールパンの惑星』の上映後のライブになります。
以前にも上映後にソロで演奏しましたが、今回はWAIWAI STEEL BANDのバンドマスター・伊澤さんと一緒に演奏します。
ソロの時とは違った演奏やトーク、2人の仲良しぶりを楽しんで頂けたらと思います。

今年はWAIWAI STEEL BAND10周年、ひとつの節目の年です。
スティールパンという楽器を用いてる大所帯バンドですが、バンドとしてどんな表現ができるのか、どんな展開を作れるのか…只今計画中です。
引き続きWAIWAI STEEL BANDの活動に気に掛けて頂けたら嬉しいですよ〜

 /////////////////////////////////////////////////////

2018年1月8日(月・祝日)
『スティールパンの惑星』
場所:渋谷 TRUNK BY SHOTO GALLERY
住所:東京都渋谷区松濤1-5-4
料金:2,000円(別途1ドリンクオーダー制)
出演:伊澤陽一&渡辺明応

【上映は入れ替え制、映画上映後にミニライブ】
■1部  OPEN13:30 START14:00
■2部 OPEN17:00 START17:30

・スティールパンの惑星
     http://pan-wakusei.com
・TRUNK BY SHOTO GALLERY
     http://trunk-shoto.com

2018年1月2日火曜日

例年通り、母方の実家へ。
例年通り、お酒を楽しむ。
例年通り、帰りはディスクユニオン。
例年通り、電車で寝過ごす。

2018年1月1日月曜日

久々にお正月を迎えました。
一昨年は祖父を、そして一昨昨年は祖母をみまかりました。
そんなこともあったので昨年末に年賀状を書いたのも久々。
お世話になった方々の顔を思い出しながら宛名を書いたり。

新年らしく、個人的に明るい話題をちょっとここで。
昨年入籍し、年明け早々の今週には子供が産まれる予定。
祖父母の喪が明けたと同時に、新たな家族と次に繋がって行く将来を嬉しく思ったり。

変わったこと、変わらないこと、変わって行くことを考える。
今年も色んな出来事が待っているんだなぁって思いながらワクワクする。
これもまた新年らしいかなと。

出会った皆さん、これから出会う皆さんが健やかにすごされますように。

2017年12月29日金曜日

MONGOL800のキヨサクさんことUkulele Gypsyの1stアルバム「Ukulele Gypsy」にスティールパンで参加しました。
アロハな雰囲気で温かい作品に仕上がった珠玉のアルバムです🤙
ライブ会場での販売とのことですので、是非ライブ会場でゲットしてみてください◎

2017年12月26日火曜日

今年も残りわずか。
前に群馬の大泉で買った「CIDADE do SAMBA」のDVD見ながら鍋を囲む。
色んなことがあったねと、今年一年を振り返りながらモグモグ食べる。

去年の今頃、WAIWAI STEEL BANDのバンマス・伊澤さんから「トリニダードへ行って演奏するなら、とことんやってフロントラインで演奏してこい。まだ日本人男性で立ったことのない場所を目指そうよ。」と励まされたことを思い出したり。

結果として、120人編成のスティールバンドのフロントラインで演奏できた。
尊敬するスティールパンプレーヤーのロバート・グリニッジのもとで演奏できただけで嬉しかったのに、「お前はフロントラインで演奏するんだ」と指示され、本場で認められたんだったと思ったらブルブル震えちゃったっけ。
その姿をWAIWAIメンバーみんなでネットの生中継を見て喜んでくれたことを知って、故郷に錦を飾った気持ちだった。
演奏したStarlift Steel Orchestraも10年ぶりの決勝進出、Starliftも自分自身もベストを尽くせたと思う。

変化あれども、これからも刺激ある場所に身を置きたいなぁって思う。
それはトリニダードに限らず、音楽が鳴り響く場所ならどこでも。
ロックンロールに備わってる衝撃と熱量。

ロバート・グリニッジはいつも言ってたよ。
エナジーを大切にしろと!