2017年2月21日火曜日

TT日記 2/20 (32日目)

渡航してから1ヶ月が過ぎた。
出国前から予想はしていたことだけど、音楽と向き合う時間を過ごすというのは素晴らしいことだ。
何も考えず思い切りやっておいで…と言ってトリニダードへ送り出してくれた仲間が日本にいるのは心強い。
集中して取り組めている。

1日にできることは限られてる。
ファイナルは今週土曜、カーニバルは週明け、帰国まで2週間ちょっと。
毎日を大切にしたいものだ…と思いながらFurutaを飲む。

今日は昼間に「PAN2000」というスティールパンの備品メーカーのお店へ行ってきた。
普段からここのメーカーのマレットを使っているので、スペアを買いに行ってきた。
ここのハイテナー用のマレットが自分の性に合う。

店舗兼工房となっていて、作りかけのケースなど見せてもらう。
日本でよく見るここのメーカーのケース、なるほど、こういう所から来るんだなぁ…と。
整理整頓されていて綺麗な印象、体感的にはガンガンに冷房が効いてる。
マレットのスペアを購入。

マレットは自分とスティールパンを繋ぐ架け橋だ。
今あるのを大切に使うのが一番だが、スペアがあるのは心強い。

今宵もパンヤード。
着いた瞬間にお弁当を食べる。
お腹が空いてちゃね、練習に力が入らない。

新たなアレンジも固まってきたので、全体でのドリル練習がスムーズに進んでいく。
20時から0時まで休む間も無く、バンド全体が集中している。
0時になると賄いが出る、ピラウと鶏肉のお弁当。
この時間に食べれるわけ無いので、お持ち帰り。
この時間でもトリニダードの人達はガツガツと食べる、ゆえに天才的な巨体な身体になる訳だ、納得納得。

1時半まで練習、ファイナルまで集中だ!

【今日の古田】
お味:アップルチェリー
感想:一口目はチェリーの味が優勢。しかし、俊足ランナーを次々
に刺し、ランナーを1塁に釘づけにする強肩の古田のように、アップルの後味が残る。チェリーアップルではなく、アップルチェリーな理由がわかる一品。




TT日記 2/19 (31日目)

日曜日。
浦さんが今日もスコーンを作ってる、いい匂い。
休日感あり。
と思いながら毎日休日みたいな生活なんだけど…。

 * * * * * * * * * *

今日練習が休みのバンドが多い中、Starliftは今日も練習。
6時に行くと、最近参加し始めた人達が多い。
そういう人達へフレーズを一つ一つ伝えていく。
皆が休んでる時こそ練習に励む、なんかそういうの好き。

11時には練習は終わる。
終わってからALL STARSのパンヤードへ遊びにいく。
今日はALL STARS主催のFete。
Feteはトリニダードの音楽イベントで、必ずそこにはSocaが付きもの。
Feteにスティールバンドが出るのは珍しとのこと。
丁度行った時にインベーダーズが始まる。
そしてALL STARS。
終わってからバンドセットでSocaのライブが始まる。
心地よい低音が響いてる。
帰宅は朝方、家から見える朝焼けが気持ちよい。


【今日の古田】
お味:オレンジ
感想:まずはFrutaジュースの基準を作るために、オレンジジュースから飲み始める事に。味はバヤリースオレンジに似ているので日本人の味覚にあう。ヤクルトは古田、Frutaはオレンジ、まずはFruta基準が出来上がった。初心を忘れたらオレンジを思い出そう、うまい。

2017年2月20日月曜日

TT日記 2/18 (30日目)

日中はゆっくりと休む。
途中ジャイ庵さんとスーパーマーケットへ買い出し行ったり。
良い案配に外食と自炊を楽しんでいる。
今日は「Fruta」というトリニダードのジュースを試す事に。
これから一週間、毎日Fruta!

 * * * * * * * * * *

夜は練習、今宵のスタートもテナーセクション練習から。
新たなアレンジを知らないメンバーへ伝えたり。
全体でのドリル練習も新たなアレンジを中心に。
しかし、昨日苦手にしていたことも一晩寝かしたらさっくりできるようになってた。

ロビーは明日にはアレンジを固めると。
土日は練習が休みになるバンドが多いけど、Starliftは明日5時から練習だ。
ファイナルまであと一週間、自分達には練習が必要だ。

今日の一言:明日から「今日の古田」が始まります。

TT日記 2/17 (29日目)

朝はガソリンスタンドから。

午前中はトリニダードに訪れているタカさんと「フォートジョージ」と呼ばれる丘に行ってきた。
ポートオブスペインの街中が一望。
他の国からトリニダードを守るために、大砲が設置されていた。
乗ってみたり。
犬と戯れたり。
触るなと。


夕方からスティールパンを試奏しに行く。
彼はGerard Clarke、スティールパンのチューナーだ。
Starliftのパンヤードに出入りしている方であり、自分自身にとってはStarliftに入るきっかけを作ってくれた人だ。
出会った時からチューナーという事は知っていて、滞在中タイミング合わせて工房へ遊びにいくね…という話はずっとしていた。
自分自身の知らないチューナーさんのスティールパンとも出会いたいというのもこの旅の目的の一つ。
自分自身の求めているものがあえば購入したいな…とも考えていた。
今在庫にあるローテナーを試奏させてもらう。
音程が甘いところはその場で直してもらい、試奏を繰り返す。
途中ジャイ庵さんにも弾いてもらい、客観的に聞いてみたり。
Lord Kitchenerの「Margie」という曲を演奏したらGerardが喜んで友達に電話し、電話越しで演奏をするなんて場面もあったり。

楽器自体をとても気に入ったのは勿論、Starliftに参加するきっかけを作ったGerardとの出会いもあって購入することに。
直感で決める事はいつだって興奮する。

 * * * * * * * * * *

夜はパンヤードへ。
新しいアレンジが続々と出てくる。
Staeliftに参加してから、改めてロビー自身がソロプレーヤーとして素晴らしいと思える時間を過ごすことができる。
今日はダブルセコンドを自分のすぐ後ろで弾いていた。
彼の演奏を肌で体感できるのは幸せだ。
ロビーが求める演奏を充分に発揮できるには、繰り返し練習、そして練習。
メンバー同士励まし合う、自分達には練習が必要だと。

Gerardがパンヤードに遊びにきた。
さっき電話越しで「Margie」を聞いたという友達を紹介される。
電話越しの演奏を随分気に入ってくれたようだ。
そこでこんな話をする。

10年ほど前に、自分自身が日本で参加しているバンドWAIWAI STEEL BANDのリーダーがStarliftで演奏したときに、ラモというおじさんに「Margie」を教えてもらった。
リーダーは日本でも大切に演奏していて、その演奏に影響を受けて自分自身でも演奏するようになったと。

おぉー、ラモね!と、みんながラモの事を知っている様子。
こういう経緯で「Margie」を演奏し始めたという話を興味深く聞いてくれた。
もう一度彼のために演奏してくれないか?とGerardに言われたところで、スティールパンのスカート部分をカンカン間と叩く音、全体練習が始まる合図だ。
また機会見つけて。

今日の一言:人生は巡り逢いだ

2017年2月19日日曜日

TT日記 2/16 (28日目)

タカちゃんがやってきた。
彼女は大阪にいるWAIWAIのメンバー、久々の再会。

昼間Despersのパンヤードで待ち合わせし、近くのフードコートで昼ご飯を食べる。
タカちゃんはレネゲイズという歴史あるバンドに参加している。
食事をしながら会話が進む。
スティールバンドやトリニダードの情報交換は会って話すのが一番早い。

その後ダウンタウンの街中を歩き回り、ショッピング。
ジャイさんは今度髪の毛を編む時に必要な道具を購入。
お土産はどんなモノを買おうかなとかを品定め、なんだかんだで帰国の事を考え始める時期に入ってきたのか。

 * * * * * * * * * *

夜はパンヤード、セクションプラクティスから始まる。
ニューヨーク在住のローランド(サッカーと書いてあるTシャツをいつも着ているおじさん)がテンポを出しながら、リズムキープをした練習をする。
なんで今までこの練習をしてこなかったんだ?と思えるけど、バンドとしては良い一歩だ。

全体でのドリル練習も、注意深くやるべきところを細かくやるようになってきた。
速くなると追いつかないパッセージを、繰り返しゆっくりと進めていく。
年配のオジさん達が集中して繰り返し練習する。
セミファイナル前に比べて集中力が高まっている。
ロビーも新しいアレンジを用意し、自ら進んで指揮を取る。
去年もstarliftに参加しているアサミちゃん曰く、今年はロビー自身がドリル練習に参加している、良い状況だと。
昨日休んだ分、集中だ。

今日の一言:前向きなオジさん達

TT日記 2/15 (27日目)

朝起きると、山盛りのスコーン。
昨日はバレンタインデーというこで浦さんが作ってくれてた。
浦さん、ありがとう。
お世話になってから27日目、いつもありがとう、浦さん!

さて、昼間は日本人の女の子達が生活しているアパートに呼んで頂き、昼間からカレーとお好み焼きをごちそうになりました。
おいしい料理には楽しい話が合うものです。
情報交換はもちろん、ゆったりと過ごせる時間はありがたいもんです。
昼からちょっと飲み過ぎてしまいました。
今度は男飯を振る舞わなければです、はい!

そのまま夜はPhese 2のパンヤードで行われているスポンサーデーに向かう。
入口まで行くもの、Phses2メンバー以外はお断りと言われ帰ろうとしたところ、Phese2のチーちゃんの「彼らは私の友達」と鶴の一言で中に入れてもらえる事に。
Phese2のスポンサーはワインのイエローテールなど扱う会社で、今日はお酒や食事が振る舞われる。
ということで、我々は潜入しワインやら食事を楽しむことに。
途中で演奏なども楽しんだり。


しこたま飲んでしまい、こんな身体じゃ練習にならない。
ということで、今日は練習を休んで他のパンヤード巡りに。
こうでもしないと、他のバンドの練習を聞けないな…と、前向きに考えてみる。
他のバンドを聞いてると、あぁ、練習したいなぁって気分になる。
今頃、どんな練習をしているんだろう、アレンジ変わってるかなぁ。
後ろ髪が引かれる思いだ。

今日の一言:後ろ髪無いけどね

TT日記 2/14 (26日目)

セミファイナルからのトバゴ島。
睡眠不足だったので、しっかり睡眠を取る。

そんな訳で昼間は雑炊、夜はパスタ。
傷みやすい野菜や冷凍庫にある食材を使う。
疲れた身体にも優しい。
日本から持ってきた食材や調味料も、どんどん使っていかなくては。
トリニダード滞在も折り返しに入ってる、食材を減らす事も考えていかなければ。

同居人でありバンドメンバーのアサミちゃんとコハマちゃんからヴァレンタインのチョコを頂く。
嬉しい、トリニダード産のチョコだ!
昨夜寝る前にジャイさんとトリニダードカカオナッツの話をしてたところだったから、食べてみたいなぁって思ってた矢先のプレゼント。
1粒400円の高級チョコ、おいしい!
ありがとう。

 * * * * * * * * * *

夜はパンヤードへ。
長々とメンバーと話したりしていると、キャプテンのフランクルが集合と皆を寄せ集める。
ファイナル出場が決まった、チャンピオンになるためにはまずは練習が必要だ…という当たり前の話を。
セクション練習の重要性を強く意識した話し合いだった。
そのまま全体で音を出す事に。
細かくドリル練習、ファイナルが決まりバンドが燃えてきている感じがする。

この日は一度家に帰ってから、All starsのパンヤードへ。
今日はパンヤードでCalypsoのイベントがやっているとのこと。
CalypsoはSocaの先祖、こちらも国民的音楽。
カリプソニアン(カリプソ歌手)の方々の衣装が良かった。
白いスーツをあつらえたいな…って思ったり。
PANNAZのDaneの演奏、良かった。
ちゃっかりタダで入る、いい日。

今日の一言:練習あるのみ