2018年11月27日火曜日

思い出に浸るのではなく、思い出す作業が大切だ云々ってどこかの誰かの本で読んだ気がする。
何の本だったっけ?と思い出そうとするけど、そんなことはどーでもいいや。
そもそも、今は別のことを思い出してる。

2009年の春、実家のお寺で音楽イベントをした際にWAIWAI STEEL BANDが出演してくれた。
このイベントがWAIWAIにとっての初ライブ。
当時のWAIWAI3曲しか持ち曲がなかったもの、ライブにシビれ、自分もやってみたいと思いWAIWAIの練習に遊びに行きはじめた。
あれよあれよとバンドに加入し、夢中になっていたら、気がつくと9年という月日が経っちゃった。
ここまで止まらずに続けてきたコトは、自分の人生の次に長い。

いつだってベストを尽くそうと心がけて、数々の環境で演奏してきた。
できて当たり前の世界。
だから、できるを前提に良い感覚を保つことが大切かなと。
試験や成績のためだけではなく、柔軟にいるために練習が必要だと思っている。

WAIWAIは今年で結成10年を迎えた。
来週末には10周年を記念した大切なコンサートが控えている。
今年はひとつの区切りになっているので、バンド加入当時からのWAIWAIと自分自身の成長や変化、そしてこれからの事を考える時間にもなっている。
だからこそか、自分の中で根本的に変わらないものって何だろう?って思い出してみた。

ロックだ。

ジミ・ヘンドリックスのファズギターのように、スティールパンはシビれる楽器だ。
誰よりもシビれる音を出していたい。
WAIWAIも、スティールパンも好きだ。

この先もロックし続けよう。